【少額株式投資】1,000円で株主になれるOneTapBuy

金融投資

shykaeruです。こんにちは

ホリエモンチャンネルで紹介されていたりして、以前から気になっていたOneTapBuyをはじめようと思います。1,000円から株式投資出来ます。

OneTapBuyとは
  • 日、米の有名企業の株がな、なんと1,000円から購入出来ます。
  • 投資を勉強するために少額からはじめたい方におすすめです。
  • とっても購入が簡単。米国株30社、日本株30社から選ぶだけ。
  • 毎月積立可能!
  • 24時間売買可能! (米国株の場合)

 

1,000円から株が買えるのが特徴的です。これ通常だと難しいです。例えばアマゾンの株価は1株=1,600USDほどですので、購入するのに約20万円必要です。

ところがOneTapBuyだと、1,000円から購入出来ます。

これはOneTapBuyが企業から購入した株を小分けにしてOneTapBuyユーザに提供しているからなんですね。

そのため一点が注意が必要です。ユーザが株式市場から購入するのではなく、OneTapBuyが株を購入して、それを小分けにユーザに販売しているので、他の証券会社に株式を移管するということが出来ません。

他の証券会社の手数料が安いから移管したいといったことが出来ないので、その点はご注意下さい。

OneTapBuyの内容及びメリット/デメリットをご紹介します。それでは早速みていきましょう。

1,000円から購入出来る!手数料も安い。

OneTapBuyと私が投資信託で使っているSBI証券で手数料を比較してみましょう!

手数料比較ですが、仮にSBI証券も1,000円で株式の購入が出来る場合の手数料を比較してみると、OneTapBuyが8.5円とだいぶお得ですね。

そもそも、1000円で株式が購入出来るケースなんて少ないでしょうから仮のシミュレーションになります。

一方10万円といったある程度まとまった金額を購入する場合は大手証券会社の方が

1,000円の場合

OneTapBuySBI証券
取引コスト5円 (0.5%、株式市場が開いている場合)500円 (5$、1$100円とした場合)
為替手数料3.5円(約0.35%)2.5円 (約0.25%)
合計8.5円502.5円

100,000円の場合

OneTapBuySBI証券
取引コスト500円 (0.5%、株式市場が開いている場合)450円 (0.45%, )
為替手数料350円(約0.35%)250円 (約0.25%)
合計850円700円

 

簡単な購入手続き

30企業から選ぶだけ

米国株30種類、日本株30種類から選ぶことが出来ます。

選択肢が少ないというのはデメリットでもありますが、メリットも多いです。限られた範囲から選べばいいだけですからね。

選べるのはどれも有名な企業ばかりです。以下公式HPの画像ですが、どれも有名ですよね。

優れたユーザインターフェース

とにかく購入がとても簡単です。実際に以下を積立する場合の手続きを見てみましょう。

  • 購入株 Amazon、スターバックスをそれぞれ5,000円ずつ毎月積み立て
  • 積立開始は2018年12月1日とする

①購入した株を選択する(この場合、アマゾンを選択)

 

②購入金額を入れる(この場合、5,000円)

③積立名を入れる

私の場合、①、②の手順で「アマゾン 5,000円」「スターバックス 5,000円」を積立出来るようにしました。普段よく使っていて、お気に入りの企業だからです。なので名前は「お気に入り」にしました。

④引き落とし先の金融機関を選択

⑤積立開始日を選択

口座開設したら届く書類に毎月3万円、3年間積立した場合の積立結果のグラフがあります。収益トップ5のグラフですね。ここを目指したいです。

 

<以下おまけ>

ちなみに毎月銀行から自動引き落としをして積立を行う場合は1万円以上必要です。Amazon、スターバックスの積立額を以下のように1,000円設定したらエラーが出ました。

あらかじめOneTapBuyの口座にまとまった金額を入金しておけば、1,000円からの積立です。

①Amazon、スターバックス5,000円ずつの積立設定を「編集」

 

②10,000円以上からで出来ない旨のポップアップが表示される

さて、OneTapBuyについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

以下に特徴とメリットを整理します。ご参考になれば幸いです。

  • 特徴   :株式を1,000円からはじめられます。手続きはとても簡単です!
  • メリット
    1,000円から購入が可能。購入手続きが簡単。投資初心者に最適
    24時間取引可能(米国株の場合)
  • デメリット
    取引額が増えると手数料が高くなる
    株式移管が出来ない

 

いかがでしたでしょうか? 少し敷居が高い米国株を1,000円~体験出来るので私のような初心者投資家には投資の勉強として最適かと思います。

私の場合は積立が好きなので、毎月購入する設定にしましたが、1,000円だけ購入してあとほったらかしにして、毎日の株価を見て経済の動きを勉強する、というのもありです。

手続きの操作が分かりやすいのもGoodですね!

他の金融投資については以下もご参考

[関連記事] これまでの投資経緯

本日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント